どんなに入念に準備をしても「失敗」はする

初めてのプレゼンの日

こんにちは、かおきぬ★です。

今日は私が起業して初めてクライアントさんとお会いした時の話をしたいと思います。

私の本業はデザイナーです。
そういうとwebデザイナーだと思われがちなんですが、そうではありません。

イラストの作成や、似顔絵、名刺デザイン、LINEスタンプの作成など、絵を描くことの方がメインのデザイナーです。 

HPなども作れるのですが、専門ではないため、プラスアルファとしてサービスに追加しております。

もちろん、ヘッダーやロゴマークの作成は行っています。

あとたまに、今からサイト作成や起業したい方の相談に乗ったりもしています。
自分も楽しいので、趣味と実益を兼ねてといった感じです。

そんな中、クライアント様と直接お会いする機会がありました。

ブログを見てくださり、お問い合わせいただいた方です。

同じ福岡在住で、遠くもなかったため、博多駅付近のカフェでお会いして、お話をさせていただくことになりました。

私にとっては初めてのことだったので、心臓バクバクで、数日前から説明書を作成したりイメトレしたり…!

万全の状態で当日を迎え、はりきって一時間前に到着!

LINE@からのお問い合わせだったため、LINE@経由で連絡を入れ、そわそわして待っていました。

が!!しかし!!

当日のWiFi状況が絶望的に悪く、お互いの連絡に時差が生まれるという最悪の事態に。

結局、お互い早くついていたのに、違う席で待ち合うという謎の状態。

申し訳なさすぎで、猛省したのですが、その御方はとても親切で、特に気にした素振りもなく、笑顔で接してくれました。

大変申し訳ありません( ;∀;)

初めての名刺交換!手汗が止まらない私!ww

そして名刺を見てびっくり!

株式会社〇〇
代表取締役社長〇〇

えっ!!

社長さん自ら来てくれたとー!?!
(⊙⊙;)/

てっきり担当の社員さんがお見えになるのかと思っていた私。

さらに手汗が止まらない…。

「うちの家内もあなたと同じ宮崎出身なんですよ(笑顔)」

そう言って気さくに話してくれる社長。

私もできるだけ緊張を悟られないように対応!

そしてサービスの内容について説明書を用いてプレゼン開始です。

社長さんは、もう依頼する気8割くらいで来てくれていたので、サラサラと説明を受け流していました。

(;・∀・)逆にびびる私です。

そして、料金の説明…

私「8万円と、オプション次第でプラス数千円になりますが…」

社長「あ、いくらでも大丈夫です。」

(;・∀・)更にびびる私です。

ただ、社長さんの会社の繁忙期が始まるため、具体的な依頼は数カ月先になるかもしれないとのことでした。

とても忙しいようです。

もちろん、私は大丈夫なので、また資料を添付いただいて打ち合わせをしましょうと言うことで、一回目の顔合わせは終わりました。

※それからさらにお仕事が立て込んだようで、
しばらくしてから、またゆっくりお会いすることになったんですが、本当に親切な方でした。

 

■自分のプレゼンのグダグダ感

思い返してみると、私のプレゼンはかなりグダグダでした。

緊張して噛むわ噛むわww

あんなに練習したのに〜って感じです。

私は今まで働いてきた会社で、プレゼンと言うものをしたことがなかったので、まじで初体験でした。

でも、これが「自分で起業する」ということかぁ〜…と深く実感。

全部自分次第ですからね。
誰も尻をぬぐってくれないし、叩いてもくれません。

当たり前ですが。

用意周到に準備しても、この有様です。

もう笑って次に活かすしかありません。

しかし、お会いした社長さんは全然気にしていない風でした。(ほんとは分からないけどw)

大人の対応ってやつかもしれませんね。

まず、お問い合わせいただいたこと自体ありがたいことでした。

私にとっては、全てが初めての連続でしたから…。

でも、この経験すべてが、「めちゃくちゃ楽しい!」と感じました。

 

 

■失敗しても楽しい

独立してすぐは、慣れないことの連続です。

もう、簡単に打ちのめされます。

自分のグタグタさに笑いが出ます。

でも、それが楽しいのでやめられません。

だって失敗しても誰にも怒られないし、学ぶことが増えるだけだし、凹んでもなぜか笑えます。

不思議なんですが、失敗すればするほど、物語が盛り上がって行ってる気がして…。

単に私がどᎷなだけかもしれませんがww

まあ「失敗」を楽しめるというのはある意味才能だと思っているので、これはこれで誇らしいんですけどね。

 

 

■まとめ

はい。
ということで今回は、私が初めてクライアントさんとお会いした時の話をつづってみました。

誰にでも「始めたて」の頃がありますよね。

それを話すことで、誰かの参考になったり、勇気になったりすることもあるかと思い、記事にしてみました。

今、成功している人たちだって、始めの一歩は、産まれたての子鹿です

産まれつきの天才なんて、ほとんどいませんからね。

 

まぁまた、泥臭い話も書いていこうと思うので、気軽に遊びにきてください♪

近々、いろんな社長さんにインタビューする企画も考案中ですので、お楽しみに。

ではでは

かおきぬ★

タイトルとURLをコピーしました