【世界初のブラックホールの影撮影!】情熱大陸を観て思うこと

ブラックホール撮影に成功?

 

こんにちは。
かおきぬ★です。

ついに世界ではじめて、「ブラックホール」の影が撮影されましたね!
めちゃくちゃ興奮して、思わずニュースを見入ってしまいました。

また、今このブログを書いているのは、「ブラックホールの観測に携わった本間希樹(ほんままれき)教授に密着した情熱大陸」が終わった直後!

興奮冷めやらぬ私です。

 

■「ブラックホール」という謎の天体

ブラックホールが天体?!と思った方も少なくないと思いますが、
天体とは簡単に言うと、宇宙にある物体の総称なので、ブラックホールもこれにあたります。

といっても、ブラックホールは超高密度、大質量、強重力!
その周りでは時空さえも歪み、光さえ脱出することができないとされています。

 

■ブラックホールに関する論文は100年以上前にあった?!

100年どころか、18世紀後半にはその着想があったというから驚きです。
一般的には、アインシュタインの一般相対性理論から導かれたと言われていますが、本人も理論的な話にすぎないと考えていたとか…。

いや~、実在しましたよ!!アインシュタインさん!!(感動)

まさか100年以上先の未来で、ブラックホールが撮影されるとは、夢にも思わなかったでしょうね。

 

■本間希樹教授

今回の「ブラックホール」撮影は、国際的なプロジェクトである「イベント・ホライズン・テレスコープ」によってなされました。
その日本人代表として参加していたのが、国立天文台の本間希樹教授です。

学のない私でも、彼はめちゃくちゃ頭のいい人である。ということだけは分かりますw

今回のプロジェクトでは、世界中の電波望遠鏡を結合させて、地球と同じサイズの電波望遠鏡を構成したそうです。
(仮想的な望遠鏡なので、実質そのサイズの望遠鏡があるわけじゃないみたいwそらそうかww)

壮大なコンピュータで処理されていて、もう素人目には何のこっちゃ分からない状態。
分かってたまるかだろうけど…w

ただ、今回の観測に関わる解析には、本間教授のプログラムが採用されたようで、同じ日本人としてはなんだか嬉しい。誇らしい気分です。

ブラックホールの付近にある高熱のガスを探して、一丸となるチームの方々の目は、
好奇心旺盛な子供の目と同じ輝きを放っていました。

それらしき画像を観てうなる本間教授。
そして数値など細かい補正を繰り返し、ついにブラックホールの影を観測!
綺麗なオレンジっぽい光の環と、真ん中にぽかりと浮かぶ深淵。

なんでもブラックホールには二つの説があって、
軽いブラックホール・重いブラックホールのいずれかという説だったそうです。

本間教授「これは重いブラックホールが正しかったということ」

(ほ…ほほ~…。そうなのか…汗。)
もはや素人には難しい話は分かりません。ww

ですが、彼の情熱と心から嬉しそうな笑顔には、ぐっとくるものがありました。
なんか…なんか…

めっちゃロマンがある!!!

そうです。ロマンに目がない私です。
こういう好奇心というか、開拓者精神というか…。
こういうのに弱いんですよね。

100年以上前の天文学者達が夢見た、謎の天体「ブラックホール」
それが時をこえて、観測、撮影される日が来るとは。

アインシュタインさん、見てますか?
あなたの意志を継ぐ天文学者達が、ついに偉業を成し遂げましたよ~!!

 

そして、「情熱大陸」の中で語っていた本間教授がとてもかっこいいんです。
彼は星座にはほとんど興味がないらしく、全然わからないと言っていました。
困惑するスタッフに、彼は、こう言ったんです。

「天文学者は見える星には興味がなくて、見えないものに興味がある」

↑※正確な言い回しじゃないと思いますが、こんなことを言っていました

うぅぅぅ~…!しびれるわー!!

しかもバリバリに頭のいい方が言うからこそ、さらにかっこいいですよね。

 

この観測から二年後に記者発表となるわけなんですが、彼が言う究極のゴールは
「銀河系を知ること」

果てしない夢のようにも聞こえますが、それを真剣に研究している方たちがいるって、とても勇気づけられることだと思いませんか。

壮大な話すぎて、くらくらしちゃいますが、人類がいつか銀河系を旅行できる日だって、
来るかもしれないんです。

それはきっと、今を生きる天文学者たちの熱い意志が脈々と受け継がれた、とても先の未来かもしれませんが…。

 

■今回感じたこと

今回の偉業は、人類にとっての大きな前進になりました。
100年以上前の夢が、今叶ったわけです。

それを叶えるために、どれだけの労力がかかったのかなんて、
素人の私にはとても計り知れません。

ですが、「挑戦し続ける心」「永遠の好奇心」は、人をあんなに輝かせるもんなんだな、と思いました。

「どうせ自分なんか…」とか
「きっと無理だろう」とか
「やるだけ無駄」とか言って、諦めていること。
…なんだかバカバカしくなってきますよね。

ただ純粋に、自分が好きなことを追求した結果が、彼らだとしたら、
それでブラックホールまで見つけちゃえるんですよ?
すごくないですか。

もちろん、その裏には途方もない労力、資金、複雑な事情だってあったでしょう。
それでも、彼らの瞳には、何かキラキラしたものが見えました。

 

もし今、諦めかけていた夢があるとしたら、もう一度、チャレンジしてみませんか。
あのニュースをきっかけに、そう思える人が増えたら、世界はもっと明るくなると思います。

そのままで叶いそうもない夢でも、フィールドを変えるだけで、挑戦できることもあるかもしれませんしね。

 

人生、一度きり。
後悔なき航海を!!

 

かおきぬ★

 

 

PS:ちなみに私は、いつも続かなかったダイエットにチャレンジしますww
アインシュタインもビックリなくらい意志が弱い女なので…ww

 

タイトルとURLをコピーしました